【実話】超絶美女な風俗嬢から漂う謎の異臭の正体とは!?

今回は、昔話になります。

若気の至りと言いますか、自由気ままに何も考えずに生きていた時の事です。

鼻をつまんで、読んで頂けたらと思います(笑)。

では、楽しんで下さい!

『最終兵器』

最終兵器

疲れマラ

疲れマラ・・・それは男の本能

あの夏・・・・・・まだ20代だった実家暮らしの私は、友人と琵琶湖へバス釣りに行く約束をしていた。
ところが前日の深酒がたたり、見事に寝坊。

早朝、迎えに来た友人のインターホンで何とか飛び起きたものの、半分寝ぼけたままでの身じたくは、完璧には程遠いものになってしまった。

腕時計は忘れるわ、Tシャツは裏返しに着るわ、くつ下は履き忘れるわで大わらわ。

とはいえ、根っから釣り好きな私である。
釣り場に着く頃にはすっかり目も冴えて、遠慮なく身を焦がす真夏の炎天下、延々と琵琶湖岸を歩きに歩き、夕方まで釣りを続けたのである。
釣果はともかく、根性は立派だろう。

「しかし1日こんだけやって、お互い1匹ずつとはなぁ・・・」

「ほんまやな。なぁ山本、俺昨夜ほとんど寝てないから、帰り寝てまうかもしれんわ」

「ああ、気にせんと寝といたらええよ。家着いたら起こしたるわ」

友人の好意に甘え、帰路、助手席でうつらうつらとし始めるも、なぜか眠れない私。
理由は明確。典型的な「疲れマラ」であった。

※疲れマラとは・・・
男子が徹夜などで生命力をダウンさせた際に起きる生理現象。限界・臨界まで男性器が勃起し、それが延々続く状態を指す。一説には「何とか子孫を残そうというオスの本能の発動によって起きる」とも言われているが、定かではない。ちなみに、車のエンジンの振動が前立腺を刺激し、疲れマラを加速、維持させる傾向があるようで、徹夜麻雀や夜勤帰りの車内の男子(若者限定)の勃起率は極めて高いと言われる。

tsukareta

(マズいな・・・ビンビンや・・・)

内心、帰宅後AVを借りに行くか、デリヘルを呼ぶかで迷っていた私に、さすが付き合いの長い友人は気の利いたことを口にするのである。


「なぁ・・・俺、疲れマラらしくさっきからビンビンやわ。このまま飛田行くか?」

「さ・・・さ・・・賛成っっっっっ!!!」

※飛田新地とは・・・
大阪市西成区にある遊郭地帯。大阪では誰もが知る男の聖地であり、軒先に座る嬢と呼び込みのおばさんは、まさに古き良き昭和を思い起こさせる。

こうして、体中の血液を下半身に充満させた若者2人は一路、琵琶湖から西成区へと車を走らせたのだった。

飛田新地にて

飛田新地にて出典:雑感日記

飛田新地には何軒もの料亭風、旅館風なレトロな建物が建ち並び、店先にはたいてい呼び込みのおばさんがいる。

そして店内、入り口入ってすぐの玄関間には、ライトアップされた遊女が座っており、その妖艶さと美しさは、思わずフラー……っと入ってしまう男が続出するほどだ。

(某友人は誘惑に負け、預かっていた会社の金を使い込んだことがあるそうな(笑)。)

車を停めた2人はおのおのの好みの女性を探すべく、左右に別れた。

熟女好きの友人はどうやら裏通りを攻めるようだ。
若く可愛い子が好きな私は、迷うことなくメインストリートへ。
飛田で1番活気のあるこの通りには、信じられないくらい質の良い子が揃っている。

あまりのギンギンと寝不足に余裕のなかった私は、1番最初に目を奪われた、20代前半くらいの嬢が座る店の軒先をくぐった。

(な・・・なんて美しい・・・)

真っ白い肌、つぶらな瞳、細身なのに、谷間を強調された桃のような胸。
山〇彩にも匹敵するその美貌と色気に、否が応にも胸が高鳴る。
もうすぐこの胸にかぶりつきながら、あの艶めいた唇を奪えるというのだ・・・


(た・・・た・・・タマランがなっ!!)

「どうぞ、上へ♪」

呼び込みのおばさんの誘導で2階へ。

ただ、彼女の後ろについて階段を上がる時点で・・・不覚にも、私は気付いてしまったのである。

(こっ・・・この子は・・・・・・なっ・・・なんなんだっ!?一体!?)

異臭

kusai

まさか客の目前にケツがあるこの状況で、透かしっ屁をこいたわけでもないだろうが、
彼女の下腹部、とにかく下半身の方から、強烈な【異臭】が漂ってくるではないかっ!?

生まれて初めて嗅ぐような、経験のない類の強烈な異臭!!


(くっっっ・・・くせぇぇぇ!?脇か!?まさか・・・・・・アソコかっ!?)


部屋に入った私は、まず、彼女の肩の上を見た。
よく肩の上に鷹とか、鳥類を乗せている漫画のキャラがいるが、この嬢はムササビとかモモンガ、もしくはスカンクでも乗っけているのではないかと思ったのだ。

(違うか!?じゃあ、一体どこなんだ!?
この肥溜めに10Lの酢をぶち込んで、よーくブレンドしたような強烈な臭いの元はっ!?)

目の前にいる子は、文句なく美しい。

そこで見た裸体は、まさに天女・・・

・・・いや、女神のような美しさだった。
tennyo出典:pinterest

Fカップはあろう整った白い胸、その先端には薄く桜色に色付いた乳首。

ハッキリくびれたウエストと、下着から伸びる細く長い脚。

何より、ショートカットと猫目が印象的な、美しい顔・・・。

造物主は彼女に一体幾つの美点を与えたというのだろう?
レベルの高い飛田のメインストリートでも、これだけの嬢とはそうそうお目にかかれるものではない。

そしてその美貌の全てを一瞬で木っ端微塵にぶち壊す、この圧倒的・悪魔的悪臭ときたら・・・

・・・もう2度と嗅げないほどのプレミアモノである。

もはや美女の顔や胸を直視することもできず、脇とアソコを目で追うばかりの私。

(ワキガの強烈版かっ!?・・・

いや、ワキガの知人もいるが、さすがにこんな、立ちくらみするようなんはあり得ねーぞ!?)

(アソコが臭う子もいるとは聞いたことあるけど・・・

下着はいてて、脚も閉じててコレって・・・

・・・君はまさに・・・・・・)


「最臭兵器」

その時、その嬢に名付けた異名である。

しばいたろかっ!?

tumaranai出典:nemgym

ところがその嬢、臭いだけならともかく、愛想がないのである。

嫌々仕事してる感満載で、何の誠意も感じない接客とサービスは、下半身を萎えさせるのに十分だった。

しかも表情は一貫して暗い。


(何やねんコイツはっ!?臭いだけならともかく、自分の臭さ棚に上げて、何やそのうっとおしそうな顔はっ!?仕事前にシャワーくらい浴びろ!!ボケッ!!)


内心はそう絶叫しながらも、そっけなく伝える。

「もう帰りますわ」

鏡を見ながら、そそくさと服を着て、身なりを整える。

「最臭兵器」には一瞥もくれず、鼻がもげていないことに胸を撫で下ろした私は、プイッと部屋を出て階段を降り始めた。

全く金の無駄だった。さっさとAV借りて部屋で抜き直しだ!


「アラ!?お兄さん、もうお帰りですか!?」

「オバサン!仕事に入る前に女の子にシャワーぐらい浴びさせやっ!!」


捨てゼリフを残して勢いよく店を出る。
美人なだけの嬢の顔は引きつっていたようだが、それもこれもお前の接客態度が悪いからだっ!!
この「性格ブス」めっ!!

最臭兵器

kutsu

帰宅後、玄関から家にあがった僕を、おかんが迎えてくれた。

「アラ、おかえり~、釣れたんかいな?ごはんできてるで?」

「ありがとー。腹減ったわ、飯食うわ~」

okano
「ちょっと待ち、アンタ!!・・・魚釣って手洗ったんかっ!? 何やこの臭いはっ!?家入ってこんといてっ!!
うげぇぇぇぇ・・・うげぇぇぇぇぇぇ・・・・・!!」

何とあの嬢の悪臭が、家にあがった途端、蘇ってきたのであるっ!!


(くっ・・・・・・くっさぁああああああああぁぁぁぁ!!あのアマァ~!!

俺の体に臭いのエキス付けやがったなっ!?

でも・・・車では臭わんかったのに何でっ!?)


今朝、私は寝坊し、友人のインターホンで起こされ、腕時計は忘れるわ、Tシャツは裏返しに着るわ、くつ下は履き忘れるわと、大わらわだったことは先述した。

真夏に素足でスニーカーを履き、1日歩き回っても臭わないのだとしたら・・・・・・石田純一は尊敬に値する。


最臭兵器は私だった。


美しい嬢よ、よく耐えた!!心よりお詫びを言わせて欲しい!!

m(_ _)m
も、申し訳ありませんでしたぁぁぁぁ!!!!!