ピンサロの気持ち良すぎた亀頭責め

kitouzeme

さて、ピンサロの話です。

美人揃いのピンサロを見つけて以来、ずっと一つのお店に入り浸っています。

といっても、入室は一週間に1~2回程度の頻度ですけれど……。

ピンサロは部屋が真っ暗というシステム上、ピンサロ嬢の質はあまり問われないと言われています。

ピンサロを利用していたら50歳くらいのオバサンが出てきたり、歯が真っ黒で異臭のする子がやってくる可能性もあるわけです。

いくら私が年上好きと言っても、流石に45歳を過ぎた女性が相手だと難色を示してしまいます。

友人には、50過ぎの女性も全く抵抗がないって人もいますけど、私はまだ40歳あたりが限界です。

もう少し歳を取れば熟女の素晴らしさも分かるようになるのでしょうか……。

話が逸れてしまいましたが、行きつけとなったピンサロは「清潔な女性だけ」の宣言をしているだけあって、美人な女性ばかり揃っています。

そのお店ではもう8人の女の子のお世話になりましたが、殆んどの女性が高水準でした。

先日行った際は『ミキ』という20歳くらいの女性がやってきて、その容姿の素晴らしさに思わず内心ガッツポーズを取ってしまいました。

年の割にはかなり落ち着いていて、なにより声が綺麗でキスも抵抗なくやってくれた所が高評価です。

最初は全身を濡れタオルで拭くところから始まり、次に全身リップで私の乳首を舐めてくれます。

舌使いがとてもエロくて、『ピチャピチャ』と淫猥な粘液音がやたら大きく響いていました。

「キスいいですか?」と聞くと、返事するよりも早く唇が重なります。

いきなりディープではなく、ピュアなソフトキスを何度もしてくれた辺り、男心がよく分かっているなぁと大いに感心しちゃいました。

全身リップを終えていよいよフェラのお時間です。

恥ずかしながら、私は包茎であり、フェラは包皮を被せたまま舐めてもらった方が強く感じます。

その旨を伝えると「そういう人いるよね~」と言って皮被ったまま舐めてくれました。

カリを重点的に攻めてくれるタイプのようで、亀頭責めに弱い私は、フェラが始まってすぐさまイキそうになってしまう始末……

30分しかとってなかったし、二発目は体力的に無理だから腰を浮かせて10分くらい射精を我慢していました。

亀頭ばかり攻撃されていたらズルリと皮が剥けてしまい、敏感になった雁首(かりくび)を舌で包まれて敢え無く終わりを迎えました。

射精宣言が少し遅れてしまったので、ピンサロ嬢のミキさんもちょっとだけ焦った感じだったのが可愛かったです。

ミキさんを指名したいくらいでしたが、次は僕の好きなアナルセックスができるデリヘルに行きたいと思っています。

tohru