行きつけの洗体性感マッサージが最高すぎる話。

今日は1ヶ月に1~2回通っている洗体マッサージのお店に行くことにしました。

洗体をするお店は数多くあるのですが、私はベッドに寝て行う洗体でないと満足できないのでお店が決まっていて、またお気に入りの女性もいるのでほぼ一択だったりします。

店に電話を掛けると2時間待てばその子に入れるということだったので予約をして、ゲームセンターで時間を潰してから向かうことに。

お店では見知ったママさんが迎えてくれました。コースも金額もいつもの通り。

照明の落ちた個室に通され、しばらくすると彼女が現れました。

「久しぶり~」

月に1度が久しぶりなのかどうかはわかりませんが、いつも彼女はこうやって声を掛けてきます。

「じゃあ洗体行こう」

すぐに私の服を脱がせるとタオル一枚にして、洗体ルームへといざないます。

「いつも通り長めでいいんだよね」

「はい、お願いします」

この店の素晴らしいところは洗体ルームが2つあるところで、つまりちょっと洗体時間を長くしても怒られないというところです。
まずうつ伏せの状態で大量の泡でしっかりと全身を洗い、さらにマッサージも加えてくれます。
これがまた本当に心地いい力加減で、私のことをよくわかってくれていると思います。

また、この状態でいつも彼女と最近あったことなんかをやり取りしたりします。
話を合わせてくれたり本当に気立てが良いのです。

そして仰向け。私の下腹部も既にパンパンになっちゃっているので、天高く(?)そびえる感じに。

「ここすごいね、気持ちよくなっちゃったの?」

「うん、結構イキそう……」

「ふふふ……我慢しないでね」

泡のたっぷりついた手で優しく握りしめられ、何度も上下されると思わず射精感がこみ上げます。

「うん、イク……」

「いいよ」

彼女の言葉に促されてドクドクと白いモノを出してしまいました。
手で精子を濾し取られると、すぐにシャワーで流してくれます。
もちろんその後たっぷりマッサージ。最後には彼女とイチャイチャしてから帰路につきます。

(´-`).。oO(出したよ…。まっ白を…出し切った…。まっ白なやつを…。名言

ああ、やっぱり洗体は最高です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする