ツンツンしてたギャルの風俗嬢が意外にも…だった話。

gyaru-fuzokujyou

今日は行きつけの店にフリーで入ってみることにします。
結構通っているのがわかると離れてほしくないからか店も本当に悪い子は付けないもので、及第点クラスのが平均的に来ます。

今日もそんな感じで抜ければいいかなくらいのイメージで軽く呼んでみました。

 部屋のドアを開けるとあらあら可愛らしい、150cmを切るくらいの身長の女の子が立っていました。
ただ身長が低いだけでロリという印象はありません、どちらかというとギャルっぽいかも。
ただつっけんどんな印象はありました。

「こんばんは、入っていいですか?」
「あ、いいですよ」

 そうかフリーだからチェンジもできたのかと入れてから気づいたのですが、別段損をしている感じはないのでそのままお願いすることに。

さきちゃんという名前の彼女は21歳、思ったより年が行ってましたがそうは思えません。
第一印象はクールな感じなのかなと思ったのですが、話すとなかなか愛嬌があって、特に笑顔がキュート。

「熱くないですか? 大丈夫ですか?」

 シャワーを一緒に浴びながら、私のことを気遣って色々声を掛けてくれます。

洗い終わるとタオルを取って、まず私を拭いてから自分を拭くお仕事スタイル。
悪く無いですね。
手を繋いでベッドまで行き、まずたっぷりキスから始めます。
この辺りの手の抜かなさも良いですね。
そして全身リップからフェラ、そしてローションたっぷりの正常位素股へ。
ガッツリと竿をしごかれ、されるがままにされて最後はお腹の上に大発射。
まあ見事なものでした。

 プレイ後のトークも軽やかで洗いも丁寧で好印象でした。
多分写メ日記等の雰囲気が良くないのかな……。
もっと笑えば指名ももっと入るんじゃないかなと、印象って大事だなと思いました。